page top
  1. ホーム
  2. サービス・価格
  3. 排水管・排水溝のトラブル
  4. 排水管・排水溝に関するお役立ちコラム
  5. 一戸建ての排水管洗浄を自分でやるには?洗う方法を場所ごとに解説

一戸建ての排水管洗浄を自分でやるには?洗う方法を場所ごとに解説

排水管・排水溝 公開日:2024.6.5  最終更新日:2024.6.28
一戸建ての排水管洗浄を自分でやるには?洗う方法を場所ごとに解説

一戸建ての排水管洗浄を自分でやる方法についてお悩みではありませんか。

マンションやアパートなどでは1年から2年に一度、排水管の定期清掃がありますが、一戸建てにお住まいの方は自分で行う必要があります。

本記事では一戸建ての排水管洗浄を自分でやる方法を解説します。さらに業者に依頼するタイミングや費用の目安も説明します。なお排水管洗浄を自分でやるには手間がかかり大変です。専門的な技術が求められるためプロに頼むと安心です。

大阪府にお住まいの方で、排水管の高圧洗浄をプロに依頼するなら「クジラのマークの水道屋さん」がおすすめです。

通話料無料!最短15分で到着します。早くて丁寧と評判の水道局指定の工事店です。お気軽にご相談ください。

目次

一戸建ての排水管洗浄を怠った際に生じる3つのデメリット

一戸建ての排水管洗浄を怠った際に生じる3つのデメリット

一戸建ての排水管洗浄を怠った際に生じる3つのデメリットは以下の通りです。

  1. 1.排水管が詰まる
  2. 2.不快な臭いが発生する
  3. 3.害虫が発生する

賃貸とは異なり、一戸建ての場合はトラブルが生じると修理代が全額自己負担となるため、事前にデメリットを知っておきましょう。

1.排水管が詰まる

排水管洗浄を怠った結果として汚れがたまると、ゴミや髪の毛などが詰まって流れにくくなります。

排水管の深い箇所で詰まりが生じた場合、自分で対処できない可能性も生じるため注意が必要です。

2.不快な臭いが発生する

排水管に詰まった油分やゴミなどをエサとして雑菌が繁殖すると、不快な臭いを発するようになります。

排水管からの臭いはどこから発生しているか不明なケースも多く、気がついたら深刻な状態になっている恐れもあります。

3.害虫が発生する

排水溝の内側にぬめりがあると、チョウバエなどの害虫が発生しやすくなります。チョウバエは蚊やダニのように人の血を吸ったり、感染症を媒介したりする害虫ではありません。

しかし、ごく稀なケースですがチョウバエの幼虫を誤飲するなどした場合、ハエ症を発症する恐れがあります。

一戸建ての排水管洗浄を自分で行う方法7選

一戸建ての排水管洗浄を自分で行う方法7選

一戸建ての排水管洗浄を自分で行う主な方法は以下の7つです。

  1. 1.お湯を流す
  2. 2.重曹とクエン酸で洗浄する
  3. 3.ペットボトルで空気を送り込む
  4. 4.専用のクリーナーを使用する
  5. 5.ワイヤーブラシを使用する
  6. 6.ラバーカップを使用する
  7. 7.高圧洗浄機を使用する

排水管周りのトラブルを引き起こさないよう、定期的に洗浄するのがおすすめです。

1.お湯を流す

排水管に付着した軽微な汚れであれば、40℃から50℃程度のお湯で洗い流せる可能性があります。

また、排水管のぬめりが原因でチョウバエが発生している場合、50℃程度のお湯で幼虫を駆除する効果が期待できるでしょう。

ただし、排水管には高温に弱い材質が使われていることもあります。熱湯を流すと排水管を破損する恐れがあります。熱湯は冷ましてから流してください。

2.重曹とクエン酸で洗浄する

「排水管洗浄には重曹とクエン酸が効果的」と聞いた覚えがある方もいるのではないでしょうか。

重曹とクエン酸を混ぜると炭酸ガスが生じて発泡するため、排水管内の汚れやつまりを落としやすくなります。

実際の排水管洗浄にあたっては、重曹とクエン酸を2:1の割合で混ぜ、コップ一杯分の水もしくはぬるま湯を入れてください。

発泡した重曹とクエン酸を排水管に流したら30分から1時間放置し、その後、水かぬるま湯で洗い流しましょう。

3.ペットボトルで空気を送り込む

排水管を洗浄する簡単な方法が、ペットボトルを使用するやり方です。

飲み終えたペットボトルを使用して排水管に空気を送り込むと、汚れを浮き上がらせられます。

手で簡単に握りつぶせるようなやわらかいペットボトルを使用します。力に自信のない女性でも空気を送り込みやすいためおすすめです。

4.専用のクリーナーを使用する

排水管を洗浄する際には、ドラッグストアやホームセンターなどで販売している専用のクリーナーも使えます。

排水管洗浄用のクリーナーを使うと、排水管内の髪の毛や皮脂などを溶かして詰まりを解消できます。

ただし、排水管専用のクリーナーは洗浄力が高く、皮膚への刺激も強いのが特徴です。使用する際にはゴム手袋やマスクなどを着用してください。換気もしておくと安心です。

5.ワイヤーブラシを使用する

排水管の深い箇所にある汚れを除去する際には、ワイヤーブラシを使用するのが効果的です。

ワイヤーブラシはステンレスや真鍮、鉄などの金属で作られています。ただし、ワイヤーブラシで掃除する際には、排水管の形を知っておかなければなりません。

排水管の形を理解せずにワイヤーブラシをやみくもに突っ込むと、引っかかって取れなくなる恐れがあります。

また、排水管の太さに応じて複数のワイヤーブラシを使い分ける点もポイントです。ワイヤーブラシで汚れをかき出したら、水かぬるま湯で流しましょう。

6.ラバーカップを使用する

トイレの水の流れが悪い際は、ラバーカップ(スッポン)を使用するのが効果的です。

ラバーカップを使用する際には、15㎝ほど水を溜めるのがポイントです。ただし、固形物が詰まっている場合はラバーカップを使用しても効果が期待できません。

ラバーカップにより固形物が奥に押し込まれ、余計な修理費用が必要になる可能性があります。事前に固形物が詰まってないかを確認しましょう。

7.高圧洗浄機を使用する

一戸建てのトイレの排水管洗浄を自分で行う際に、高圧洗浄機を使用する方法があります。高圧洗浄機はケルヒャーやマキタ、アイリスオーヤマで購入できます。

ただし、いきなり高圧でトイレの排水管を洗浄すると、便器を破損する恐れがあるため注意してください。

トイレ以外の排水管を高圧洗浄するのであれば、専門の業者に依頼するのがおすすめです。

一戸建てで排水管洗浄が必要となる場所と自分で洗う方法

一戸建てで排水管洗浄が必要となる場所と自分で洗う方法

一戸建ての方が排水管を洗浄すべき主な場所は以下の4ヶ所です。

  1. 1.キッチン
  2. 2.洗面所・お風呂
  3. 3.トイレ
  4. 4.洗濯機

上記4ヶ所における排水管の汚れの特徴、および自分で洗う方法について解説します。

1.キッチン

キッチンの排水管には油や食器洗い洗剤などが付着し、汚れが溜まりやすい点が特徴です。キッチンは毎日のように使う場所のため、汚れがたまると排水管が詰まる恐れもあります。

キッチンの排水管洗浄にはペットボトルやお湯、重曹とクエン酸、パイプクリーナーなどを使用するのがおすすめです。

キッチンの排水管洗浄は週に2、3回行うのを目安にしてください。

2.洗面所・お風呂

洗面所やお風呂の排水管は石けんカスや歯磨き粉、抜け毛などが詰まりやすい場所です。また、洗面所やお風呂の排水管には、知らないうちに汚れが付着しています。

洗面所やお風呂の排水管洗浄には重曹とクエン酸やパイプクリーナー、ラバーカップ、ワイヤーブラシなどを使用するとよいでしょう。

洗面所やお風呂の排水管洗浄は週に1、2回行うのが目安です。

3.トイレ

トイレの排水管はトイレットペーパーが詰まりやすい場所です。しかし、トイレットペーパーによる排水管の詰まりは、時間の経過によって解消されるケースもあります。

トイレの排水管洗浄にはラバーカップやワイヤーブラシ、高圧洗浄機などを使用するのがおすすめです。

トイレの排水管洗浄は週に2、3回行うのが目安です。

4.洗濯機

洗濯機の排水管には糸くずやホコリ、泥などが詰まりやすい傾向にあります。

排水管が詰まると洗濯機が使えなくなり、最悪のケースでは買い替えが必要となるケースもあります。洗濯機の排水管洗浄に使うのは、重曹とクエン酸、パイプクリーナーなどです。

しかし、洗濯機の排水管詰まりは屋外の排水桝との接続部分で起こっている可能性もあります。

排水桝との接続部分に起こる詰まりは一般の方では対処が難しいため、専門の業者に修理を依頼するのがおすすめです。

洗濯機の屋内の排水管掃除は月に1回行うのが目安です。

一戸建ての排水管洗浄を自分で行う際の2つの注意点

一戸建ての排水管洗浄を自分で行う際の2つの注意点

一戸建ての排水管洗浄を自分で行う際は、以下の2点に注意してください。

  1. 1.お湯の温度に気をつける
  2. 2.ワイヤーブラシは奥まで入れすぎない

排水管がキレイになるどころか、余計な修繕費用が掛かる恐れもあるためしっかり覚えておいてください。

1.お湯の温度に気をつける

排水管を洗浄する際にはお湯の温度に気をつけ、絶対に熱湯を流さないようにしましょう。排水管がポリ塩化ビニル製やプラスチック製の場合、熱湯を流すと高温で変形する恐れがあります。

家庭によって排水管の耐熱温度は異なりますが、流すお湯は50℃から60℃に留めておくのが無難です。排水管が変形すると自分では修理できないため、余計な費用が掛かることを覚えておきましょう。

2.ワイヤーブラシは奥まで入れすぎない

基本的に排水管は真っすぐではなく、複雑な形状をしているのが特徴です。そのため、ワイヤーブラシを奥まで入れすぎると詰まる恐れがあります。

ワイヤーブラシは原則として排水管の入り口付近を洗浄する際に使用し、弱い力で汚れを落とすようにしてください。

排水管の汚れを防止する2つの方法

排水管の汚れを防止する2つの方法

排水管の汚れを防止する主な方法は以下の2つです。

  1. 1.水切りネットなどを利用する
  2. 2.油を流さない

排水管洗浄の際の手間を減らすためにも、普段から汚れを予防するのがおすすめです。

1.水切りネットなどを利用する

排水管の汚れを防止する簡単な方法が、水切りネットなどを利用することです。

排水溝の入り口にネットをつけると、汚れや髪の毛の流入を防げるうえ、取り換えるだけで簡単に排水管の汚れや詰まりを予防できます。

排水管用のネットは100円均一ショップやホームセンターなどで購入可能です。ホームセンターなどでは、台所だけでなく洗面所やお風呂用のネットも販売しています。

2.油を流さない

キッチンの排水管には揚げ油はもちろん、お皿に付着した油も可能な限り流さないでください。料理に使った油やお皿の油汚れを流すと、冷えた際に固まって排水管に付着しやすくなります。

揚げ物に使った油は固めて捨て、お皿は洗う前にキッチンペーパーなどで拭いておくのがおすすめです。

一戸建ての排水管洗浄はプロに頼むと安心

一戸建ての排水管洗浄はプロに頼むと安心

自分でコツコツと排水管を洗浄しても、知らないうちに汚れがたまっているケースは少なくありません。そのため、3年から5年に1回を目安に、プロに排水管を洗浄してもらいましょう。

専門業者に依頼するメリット

排水管洗浄を専門の業者に依頼するメリットは、本格的な洗浄ができること、および自分で洗浄する手間が省けることです。

専門の業者の場合、ホームセンターで販売しているような洗剤ではなく、業務用の薬剤で排水管の頑固な汚れを除去してくれます。

また、業者に依頼すれば立ち会うだけでよいため、育児が忙しい女性の方にもおすすめです。

大阪府で排水管洗浄を依頼するなら「クジラのマークの水道屋さん」をおすすめします。「クジラのマークの水道屋さん」は年中無休・24時間いつでも受付可能で、最短15分で駆けつけてくれます。

サービス料金より2,000円オフになる、お得なWeb限定キャンペーンも実施中です(2024年6月現在)。

LINEでも問い合わせもできるので、一戸建ての排水管を定期洗浄する際には利用を検討してみてください。

排水管の高圧洗浄を業者に頼んだ際の費用目安

一戸建ての排水管洗浄を高圧洗浄業者に依頼すると、およそ2万円から3万円がかかります。

ただし、業者によって価格が異なるため、事前に相見積もりを取るのがおすすめです。

クジラのマークの水道屋さんの事例

「クジラのマークの水道屋さん」でご依頼を受けた、排水管洗浄の事例を紹介します。

「台所の排水管が詰まって水が流れなくなったので修理を依頼したい」との連絡をいただきました。前日の食後に片づけをしていたところ、急に水が流れていかなくなりシンクからあふれ出したとのことです。

弊社の作業員が状況を確認したところ、少しずつ排水はしているものの、シンク内にたまった水がすべて流れるまでに軟十分もかかりました。

屋外の排マスには問題がなかったため、ローポンプと呼ばれる道具で詰まりを解消して再発を防止する目的で薬剤を流し、排水管内の汚れを除去しました。

シンク内部に薬剤が残らないよう十分に水を流し、排水管とシンクの洗浄をおこない作業完了です。

弊社の事例:台所の排水詰まり

まとめ

マンションやアパートでは1年から2年に一度、排水管を清掃してくれますが、一戸建てにお住まいの方は自分で排水管を洗浄する必要があります。

軽微な汚れであれば重曹とクエン酸を使用したり、専用のクリーナーなどで洗浄すると汚れが解消できます。

しかし、頑固な汚れは自分で洗浄してもなかなか落ちないため、定期的に専門の業者に高圧洗浄してもらうのがおすすめです。

今回ご紹介した頻度を参考に排水管を洗浄し、3年から5年に一度は専門の業者に高圧洗浄を依頼しましょう。

大阪で排水管洗浄を依頼するなら、「クジラのマークの水道屋さん」がおすすめです。お得なWeb限定キャンペーンも実施しているので、LINEで気軽にお問い合わせください。

水に溶けるもの以外が詰まった場合や原因がわからない場合、自分で対処できない場合は、水道修理業者に相談しましょう。「クジラのマークの水道屋さん」なら原因の特定から修理まで、迅速丁寧に対応します。

水回りのトラブルは、クジラのマークの水道屋さんに依頼しよう!

トイレ、お風呂、キッチン、洗面所、水回りのトラブル解決は、ぜひ「クジラのマークの水道屋さん」にご依頼ください!

クジラのマークの水道屋さんは、大阪府全域を対象にした地域密着型の水道屋さんです。「早い・安い・トラブルなし」をモットーに日々、質の高いサービスを提供しています。

おすすめポイント1:スピード

ご相談から最短15分でご自宅へうかがいます。「水が使えなくて困る」「大量に水があふれている」。生活に密着したところで起きる水のトラブルは、とにかく早く解決したいもの。

クジラのマークの水道屋さんなら、GPSを使った独自の手配システムでご自宅に急行します。

おすすめポイント2:わかりやすい価格

料金は、作業に必要な費用のみ!
基本料金、出張料金、お見積り費用、キャンセル料、時間外料金など作業以外にかかる費用が気になる方もいらっしゃいますよね。クジラのマークの水道屋さんならそれらはすべて無料

作業前に必ずお見積もりをご提示いたします。気になる点や不明点がある場合は、遠慮なくご質問ください。

おすすめポイント3:高い技術力

高い技術力を持ったスタッフが丁寧にトラブル対応にあたります。

10年以上、数々の水のトラブルを解決してきた経験豊富なスタッフが多数在籍しているクジラのマークの水道屋さん。ベテランスタッフも定期的な研修で技術を磨いています。

おすすめポイント4:安心の保障サービス

最大10年の無料長期保証で、万が一のトラブルに備えています。

クジラのマークの水道屋さんが何よりも大事にしていることは「お客様に安心していただくこと」。最大10年続く「安心」をぜひご利用ください。

おすすめポイント5:地域の水道工事指定業者に認定

クジラのマークの水道屋さんは、自治体の水道局から「水道工事指定業者」として認定された工事店です。

大阪府の全域で認可を取得しています。適切な工事ができると認められた工事店ですので、安心してご利用ください。

おすすめポイント6:豊富な実績と高い評価

2021年度は、大阪府全域で2万件以上にのぼるトラブルに対応しました。

お客様アンケートでは、顧客満足度99%と高い評価を得ています。また、価格面でも98.4%のお客様に満足していただいています。

おすすめポイント7:選べる支払い方法

現金以外の支払い方法にも対応しているので、急なトラブルで現金の準備が間に合わないというときでも安心です。

現金のほか、クレジットカード(VASA、AMERICAN EXPRESS、Mastercard)、電子マネー(PayPay)、銀行振込、後日の集金の中からお支払い方法をお選びいただけます。

トラブルには早めのご相談がおすすめ!トラブルには早めのご相談がおすすめ!

出張料金
お見積り
深夜早朝料金
キャンセル料
00円!
年中無休・24時間
いつでも受付!
最短15分
駆けつけます!
お電話での
お問い合わせ
free dial 0120-043-433

トラブルには早めのご相談がおすすめ!トラブルには早めのご相談がおすすめ!

出張料金
お見積り
深夜早朝料金
キャンセル料
00円!
年中無休・24時間
いつでも受付!
最短15分
駆けつけます!
お電話での
お問い合わせ
free dial 0120-043-433
通話料無料!最短15分で到着! 水のトラブルに悩んだらすぐお電話を! free dial 0120-043-433