page top
  1. ホーム
  2. サービス・価格
  3. トイレのトラブル
  4. トイレに関するお役立ちコラム
  5. トイレのつまりがスッポンでなおらない?対処法や業者の選び方を詳しく解説!

トイレのつまりがスッポンでなおらない?対処法や業者の選び方を詳しく解説!

トイレ 公開日:2023.3.10

トイレのつまりを解消する際に利用するのが「スッポン」になります。スッポンは別名「ラバーカップ」とも呼ばれており、柄の先に黒いゴム製のカップが付いている用具です。ラバーカップを利用することでトイレの軽度のつまりを解消できますが、重度のつまりだとスッポンではなおらないケースも多いです。

本記事ではトイレのつまりがスッポンでなおらない際の対処法、業者の選び方などを詳しく解説していきます。トイレのつまりトラブルでお悩みの方、スッポンを使用してもつまりを解消できない方は、ぜひ最後までご覧になってください。

トラブルには早めのご相談がおすすめ!トラブルには早めのご相談がおすすめ!

出張料金
お見積り
深夜早朝料金
キャンセル料
00円!
年中無休・24時間
いつでも受付!
最短15分
駆けつけます!
お電話での
お問い合わせ
free dial 0120-043-433

トイレのつまり解消でスッポンが果たす役割 

そもそも、なぜトイレのつまりを解消するためにスッポンを使用するのか、イメージしにくい方もいるでしょう。スッポンが果たす役割を理解するためには、まずトイレ(便器)の構造について把握しておく必要があります。

トイレの便器内には、カーブ上に排水路がめぐっています。

トイレのレバーを引いて水を流すと、水たまりの水位が上昇して排水路へ水が流れていく仕組みです。汚物やトイレットペーパーは、水に押し出される形で排水路を流れていきます。

つまりが生じる場所としては、便器側の排水路部分、もしくは排水路の先にある排水管部分が挙げられます。

スッポンを利用することで、排水路部分に詰まっている汚物・トイレットペーパーなどを吸引して、隙間を作ることが可能です。隙間ができれば、その部分から水が流れ出すので、汚物・トイレットペーパーも流れていきます。吸引力で汚物等の位置をずらして、水の流れを復活させるのがスッポンの役割であると考えてください。

スッポンでつまりをなおせるもの

トイレのつまりの原因の中には、スッポンでなおせるもの・なおせないものがあります。スッポンでなおせるつまりの原因は下記の通りです。

・トイレットペーパー

・ティッシュペーパー

・排泄物

・水溶性のもの(流せるシートなど)

上記に挙げたものは、トイレに流すことが可能なものですが、大量に流すとつまりの原因になります。トイレで流せるものは、スッポンでつまりを解消してあげれば通常通り流すことができます。

スッポンでつまりをなおせないもの

これに対して、スッポンでなおせないつまりの原因は「トイレに流せない固形物のつまり」です。たとえば、玩具やスマホ、おむつなどが原因となるつまりが挙げられます。トイレに流せない固形物のつまりは、スッポンを使っても解消できません。スッポンを使って圧力を加えても、固形物自体は排水管の中に留まってしまいます。

むしろ排水管の奥の方に進んでしまい、つまりが悪化してしまうことも少なくありません。トイレに流せない固形物を誤って流してしまった場合は、スッポンで対処せずに専門業者を読んで対応してもらいましょう。

トラブルには早めのご相談がおすすめ!トラブルには早めのご相談がおすすめ!

出張料金
お見積り
深夜早朝料金
キャンセル料
00円!
年中無休・24時間
いつでも受付!
最短15分
駆けつけます!
お電話での
お問い合わせ
free dial 0120-043-433

トイレのつまりはスッポンでなおらない? 

スッポンを使うことでトイレのつまりを解消できるケースもありますが、ポイントを押さえないと上手くつまりを解消できないことも多いです。スッポンを利用してトイレのつまりを解消させたい際は、下記のポイントを押さえましょう。

・スッポンの種類を間違えない

・スッポンの使用方法を間違えない

・便器に十分な量の水を溜める

・スッポンでなおせる原因となおせない原因がある

スッポンの種類を間違えない

まずは使用するスッポンの種類を間違えないようにしましょう。スッポンには「洋式用」「和式用」の二種類があります。

洋式用のスッポンには、ラバーの先に凸部分があります。これはトイレの排水口部分のスッポンをフィットさせるための部分です。これに対して和式用のスッポンには凸部分が付いていません。

また洋式用・和式用ともにラバー部部分のサイズがそれぞれ異なってきます。トイレの排水口部分の大きさに合わせて適切なサイズのスッポンを選んでください。トイレの排水口部分の大きさを事前に測っておくのがおすすめです。

洋式用・和式用のスッポンは共にホームセンター等で購入できます。和式用スッポンは100円~1,500円、洋式用スッポンは1,000円~1,800円ほどになります。ネット通販でも購入できますが、トイレのサイズに合ったスッポンを選ぶためにも、実際の店舗で購入した方が安心です。

スッポンの使用方法を間違えない

スッポンでトイレのつまりを解消させる際には、使用方法を間違えない点も重要になります。スッポンの使用は「ゆっくりと押して、一気に抜く」ことが基本です。洋式の場合は、スッポンの凸部分とトイレの排水口にゆっくりと押し込んで、十分密着できたら一気にスッポンを引き抜きます。スッポンを上下に速く動かして使用する方が多くいますが、この使い方だとスッポンの効果を最大限に発揮できません。スッポンは吸引力を使ってつまりを解消する道具です。上下に速く動かして出し入れすると、吸引力が弱まってしまいます。

スッポンをゆっくりと押し込んでから一気に抜けば、吸引力を余すことなく発揮できます。1回でつまりが解消できなくても、繰り返し吸引を続けることで解消できるケースも少なくありません。まずは焦らずに、ゆっくりとスッポンを押し込むことをまずは意識してください。

※スッポンの詳細な使用手順は後ほど詳しく紹介します。

便器に十分な量の水を溜める 

スッポンを使用する際は、便器に十分な量の水を溜めましょう。水が少ない、もしくはない状態でスッポンを利用しても十分な吸引力が得られません。これはスッポンのラバー部分に隙間が生じてしまうと、排水口内に圧力が伝わらないためです。

スッポンを使用する際は、スッポンのラバー部分が浸かる程度には水を加えるようにしましょう。トイレのレバーで水を流してしまうと便器から水が溢れ出る可能性もあるので、バケツなどに水を入れて便器内に直接注いでいくのがおすすめです。

トイレのスッポンの使用手順 

トイレのスッポンの使用手順について、改めて確認しておきましょう。スッポンの使用手順は大まかに下記の流れになります。

① トイレの止水栓を閉める

② トイレ周辺の養生を行う

③ 便器内の水量を調整する

④ スッポンをゆっくり押し付けて引き抜く

⑤ バケツやペットボトルを使って水を流す

①トイレの止水栓を閉める

スッポンを利用する際、まずはトイレの止水栓を閉めましょう。止水栓を閉めておかないと、誤ってトイレの水を流してしまった際に、便器内から水が溢れてしまう可能性があります。止水栓を閉めれば、水を誤って流す心配もありません。

止水栓は便器の横や後ろの水道管に設置されています。種類は「ドライバー式」「内ネジ式」「ハンドル式」の3つです。

(引用元:https://www.mizu110119.com/column/rubber-cup.html

ドライバー式では、止水栓の開け閉めにマイナスドライバーが必要になります。ドライバーは市販のもので問題ありません。内ネジ式では、付属品の開閉工具が必要です。ハンドル式に関しては、ハンドル部分を手で回すのみでOKです。

トイレの止水栓が見つからない場合は、家全体の水道の元栓を締めましょう。戸建ての場合は、住宅の敷地周辺に「止水栓」もしくは「量水器」と書かれたプラスチック・金属製のフタがあり、その中に元栓があります。アパート・マンションの場合は、玄関ドアのそば、もしくは同じフロア内にパイプスペースの扉があり、その中に水道の元栓があります。

水道の元栓を閉めれば、トイレの元栓を閉めなくても水の流れを止めることが可能です。

②トイレ周辺の養生を行う

スッポンを使って作業する前に、トイレ周辺の養生を行いましょう。トイレ周辺の養生では、「便器を覆えるビニール袋」「養生テープ or ガムテープ」を使用します。まずは、ビニール袋にスッポンの柄の部分と同じ大きさの穴を開けてください。手で破くと余計な隙間が生じる可能性があるので、ハサミなどできれいに穴を開けるのがおすすめです。

穴を開けたら、スッポンの柄の部分を穴に通していきます。柄を通したら、ビニール袋の側面にテープを付けて、便器の側面に貼りつけてください。

こうすることで、スッポン利用時に跳ね上がる汚水が便器外に出ないよう防げます。

ただし、ビニール袋を伝って汚水が床・壁等に付着してしまう可能性もあるので、トイレ周辺の床・壁に新聞紙・ビニール袋などを置いて対策しておきましょう。

③便器内の水量を調整する

養生を終えたら、便器内の水量を調整します。前述した通り、スッポンの吸引力を高めるためには、ゴム部分が浸るぐらいの水量が必要です。水が少ない場合は、バケツ・ペットボトルなどを使って水を足してください。

便器内の水量が多すぎる場合だと、スッポンを入れたときに便器内から水が溢れてしまう可能性があります。この場合は、バケツ・灯油ポンプなどを使って水を汲み取りましょう。

④スッポンをゆっくり押し付けて引き抜く

水量の調整を終えたら、スッポンを便器の排水口部分にゆっくり押し付けてください。排水口とスッポンのゴム部分が水平になるように置くのがポイントです。排水口・ゴム部分が密着するようにゆっくりと押し付けます。

スッポンのゴム部分を排水口に密着させたら、スッポンを一気に引き抜きましょう。養生している状態であれば汚水が飛び出る心配もないので、勢いよく引き抜いてください。

スッポンを押し付ける・引き抜く動作を4~5回繰り返しましょう。軽度のつまりであれば、4~5回ほど繰り返すことで解消できるケースが多いです。つまりが取れると、便器内の水が引いていきます。

⑤バケツやペットボトルを使って水を流す

最後にバケツやペットボトルを使って水を流していきます。つまりが解消されていれば、水が問題なく流れる、もしくは水位が変わらない状態になります。反対に、水位が上がったり、水が上手く流れない場合は、つまりは解消されていません。スッポンで押し引きを繰り返しても解消できない場合は、専門業者に依頼した方が良いでしょう。

つまりが解消できた場合は、最後に止水栓を開けて水を流してください。問題なく便器内の水が流れたら、作業完了となります。

使用後のスッポンは正しく手入れをする

使用後のスッポンは正しく手入れを行いましょう。使用後のスッポンをそのまま放置してしまうと雑菌が繁殖して悪臭の原因になります。またコバエが湧いてしまうこともあるでしょう。

スッポンは水のみを使って洗浄します。潜在や漂白剤を使用すると、スッポンのゴム部分が傷んでしまい、劣化が進行する可能性が高いです。水で汚れを落としたら、天日干しを行います。天日干しで乾燥させれば、雑菌の繁殖を十分防げるので安心してください。

トイレのつまりがスッポンでなおらない時は業者に依頼

スッポンを使ってもトイレのつまりが解消できない場合は、専門業者に依頼してつまりを解消してもらいましょう。スッポンで解消できないほどのつまりは、かなり重度のつまりである可能性が高いです。スッポンでの作業を無理やり続けてしまうと、排水管やトイレが損傷してしまうケースも出てくるでしょう。

専門業者に依頼すれば、スッポンでなおらないつまりでも着実に解消してくれます。排水管やトイレにダメージを与えることなく作業を進めてくれるので、無理に自分で作業するよりも安心です。

トラブルには早めのご相談がおすすめ!トラブルには早めのご相談がおすすめ!

出張料金
お見積り
深夜早朝料金
キャンセル料
00円!
年中無休・24時間
いつでも受付!
最短15分
駆けつけます!
お電話での
お問い合わせ
free dial 0120-043-433

業者にトイレのつまり解消を依頼する際の費用相場 

業者にトイレのつまり解消を依頼する際は、作業内容に応じて費用が発生してきます。業者によって正確な費用相場は変わってきますが、相場としては下記の金額が目安になります。

作業内容費用相場
軽度のつまり(器具使用なし)8,000円
専用器具を使った作業20,000円
薬品洗浄8,000円
トーラー機の使用30,000円
高圧洗浄機の使用50,000円

専用器具やトーラー機、高圧洗浄機などを使用した作業になると、作業料金が高くなります。重度のつまりになると、器具の使用が不可欠です。スッポンで解消できないトイレつまりは、器具を使用した作業になる可能性が高いので留意しておきましょう。

また夜間・早朝の時間帯の作業の場合は、通常料金に加えて時間外料金が発生するケースもあります。夜間・早朝の作業を依頼したい際は、時間外料金についても業者に確認をとっておきましょう。

トイレのつまり解消を業者に依頼する際のポイント

トイレのつまり解消を業者に依頼する際は、下記のポイントを押さえてください。

・作業料金が明確であるか

・迅速に対応してくれるか

・専用器具の使用に対応しているか

作業料金が明確であるか

まずは作業料金が明確であるか確認しましょう。料金が明確であれば、追加料金などを心配せずに安心して依頼できます。料金表は業者の公式ホームページに掲載されているケースが多いので、まずはホームページを確認してみてください。ホームページ上に料金表の掲載がない場合は、電話での問い合わせ時に詳細を聞いてみましょう。

もし作業料金が明確でない場合や、「現状を見てからの判断になる」など現場での見積を打診された場合は、相場以上の料金が請求される可能性もゼロではありません。大まかな作業料金さえも伝えてもらえない際は、別の業者に作業を依頼した方が良いでしょう。

迅速に対応してくれるか

問い合わせ・依頼に対して迅速に対応してくれるかどうかもチェックポイントです。トイレのつまり解消は緊急性の高い作業といえます。優良な業者であれば、問い合わせ・依頼に対して迅速に対応してくれるケースが多いです。反対に、問い合わせをしてもレスポンスが遅かったり、作業開始までに日数を要する業者は、顧客のことを第一に考えているとは言いにくいです。

また問い合わせ時のオペレーター・受付担当者の対応も合わせて確認してみてください。オペレーター・受付担当の対応が悪い業者は、サービスの質も悪い可能性があります。総じて、顧客対応が迅速で丁寧な業者を依頼候補にしていくのが得策です。

専用器具の使用に対応しているか

業者が専用器具の使用に対応しているかどうかも確認しましょう。トイレのつまりが重度である場合は、トーラー機や高圧洗浄機などの専用器具が必要になるケースが多いです。基本的に専門業者であれば専用器具の使用に対応していますが、中小規模の事業者だと専用器具の使用に対応していない可能性もあります。つまりが重度であるケースに備えて、専用器具の使用に対応している業者を選んだ方が良いでしょう。

まとめ

トイレがつまった際に、軽度のつまりであればスッポンで解消できますが、重度のつまりだとスッポンではなおらないケースが多いです。無理にスッポンを利用すると、便器や排水口を破損させてしまう可能性もあります。スッポンを使ってもつまりが解消できない場合は、専門業者に依頼した方が良いでしょう。専門業者であれば、スッポンでなおらないつまりでも迅速に解消してくれます。

本記事で解説した内容を参考にして頂き、トイレのつまりトラブルに対処してもらえると幸いです。

水回りのトラブルは、クジラのマークの水道屋さんに依頼しよう!

トイレ、お風呂、キッチン、洗面所、水回りのトラブル解決は、ぜひ「クジラのマークの水道屋さん」にご依頼ください!

クジラのマークの水道屋さんは、大阪府全域を対象にした地域密着型の水道屋さんです。「早い・安い・トラブルなし」をモットーに日々、質の高いサービスを提供しています。

おすすめポイント1:スピード

ご相談から最短15分でご自宅へうかがいます。「水が使えなくて困る」「大量に水があふれている」。生活に密着したところで起きる水のトラブルは、とにかく早く解決したいもの。

クジラのマークの水道屋さんなら、GPSを使った独自の手配システムでご自宅に急行します。

おすすめポイント2:わかりやすい価格

料金は、作業に必要な費用のみ!
基本料金、出張料金、お見積り費用、キャンセル料、時間外料金など作業以外にかかる費用が気になる方もいらっしゃいますよね。クジラのマークの水道屋さんならそれらはすべて無料

作業前に必ずお見積もりをご提示いたします。気になる点や不明点がある場合は、遠慮なくご質問ください。

おすすめポイント3:高い技術力

高い技術力を持ったスタッフが丁寧にトラブル対応にあたります。

10年以上、数々の水のトラブルを解決してきた経験豊富なスタッフが多数在籍しているクジラのマークの水道屋さん。ベテランスタッフも定期的な研修で技術を磨いています。

おすすめポイント4:安心の保障サービス

最大10年の無料長期保証で、万が一のトラブルに備えています。

クジラのマークの水道屋さんが何よりも大事にしていることは「お客様に安心していただくこと」。最大10年続く「安心」をぜひご利用ください。

おすすめポイント5:地域の水道工事指定業者に認定

クジラのマークの水道屋さんは、自治体の水道局から「水道工事指定業者」として認定された工事店です。

大阪府の全域で認可を取得しています。適切な工事ができると認められた工事店ですので、安心してご利用ください。

おすすめポイント6:豊富な実績と高い評価

2021年度は、大阪府全域で2万件以上にのぼるトラブルに対応しました。

お客様アンケートでは、顧客満足度99%と高い評価を得ています。また、価格面でも98.4%のお客様に満足していただいています。

おすすめポイント7:選べる支払い方法

現金以外の支払い方法にも対応しているので、急なトラブルで現金の準備が間に合わないというときでも安心です。

現金のほか、クレジットカード(VASA、AMERICAN EXPRESS、Mastercard)、電子マネー(PayPay)、銀行振込、後日の集金の中からお支払い方法をお選びいただけます。

トラブルには早めのご相談がおすすめ!トラブルには早めのご相談がおすすめ!

出張料金
お見積り
深夜早朝料金
キャンセル料
00円!
年中無休・24時間
いつでも受付!
最短15分
駆けつけます!
お電話での
お問い合わせ
free dial 0120-043-433

トラブルには早めのご相談がおすすめ!トラブルには早めのご相談がおすすめ!

出張料金
お見積り
深夜早朝料金
キャンセル料
00円!
年中無休・24時間
いつでも受付!
最短15分
駆けつけます!
お電話での
お問い合わせ
free dial 0120-043-433
通話料無料!最短15分で到着! 水のトラブルに悩んだらすぐお電話を! free dial 0120-043-433