page top
  1. ホーム
  2. サービス・価格
  3. トイレのトラブル
  4. トイレに関するお役立ちコラム
  5. 水漏れ修理の相場はどれくらい?業者に依頼する判断や相場を解説!

水漏れ修理の相場はどれくらい?業者に依頼する判断や相場を解説!

トイレ 公開日:2023.3.31

「水漏れ修理を依頼したいけど、実際にどれくらいの費用相場なのか気になる…」

「業者に依頼する前に費用相場を確認しておきたい!」

上記のようなお悩みを抱えている方は少なくないでしょう。

実際に初めて水漏れ修理を依頼するとなると、どれくらいの費用相場なのか気になるところです。

そこで本記事では、水漏れ修理の相場について修理内容ごとに詳しく解説していきます。

水漏れ修理の費用相場について把握したい方は、ぜひ最後までご覧になってください。

トラブルには早めのご相談がおすすめ!トラブルには早めのご相談がおすすめ!

出張料金
お見積り
深夜早朝料金
キャンセル料
00円!
年中無休・24時間
いつでも受付!
最短15分
駆けつけます!
お電話での
お問い合わせ
free dial 0120-043-433

水漏れ修理の相場

水漏れ修理の相場は、水漏れ箇所によって異なってきます。

水漏れが生じやすい箇所ごとに、どれくらいの費用相場になるか確認していきましょう。

蛇口周りの水漏れ

蛇口周りの水漏れ修理の費用相場は下記の通りです。

修理・交換内容費用相場
蛇口のパッキン交換5,000円~15,000円
蛇口の交換(キッチン)30,000円~60,000円
蛇口の交換(洗面台)25,000円~50,000円
蛇口の交換(浴室)50,000円~60,000円

一般的に蛇口周りの水漏れは、蛇口のパッキンの劣化が原因になることが多いです。

蛇口周りの水漏れを修理する際は、このゴムパッキンを交換します。ゴムパッキンの交換自体はそこまで難しい作業でないため、上記の費用相場で収まりやすいです。

ただし、業者によっては出張費がかかるケースもあります。

出張費を含めるとトータルで15,000円以上の費用がかかることもあるので注意してください。出張費の有無は事前に確認した方が良いでしょう。

また、蛇口自体の交換が必要な場合は、25,000円以上の費用がかかるケースが多いです。

ゴムパッキンの交換に比べて作業費用・部品代が高くなるため、費用相場も高額になっています。

蛇口の種類や機能によって費用に差がついてきますので、取り付ける蛇口の種類も必ず確認しておきましょう。

「ゴムパッキンの交換のみだったら自力でできそう」とお考えになる方もいるかもしれませんが、パッキンを正しく装着しないと再度水漏れが生じてしまいます。

着実にパッキンを交換するためにも、専門業者に依頼した方が安心です。

トイレの水漏れ

トイレの水漏れ修理の費用相場は下記の通りです。

修理・交換内容費用相場
トイレタンクの部品交換6,000円~10,000円
止水栓・排水管の交換・調整6,000円~15,000円
洗浄便座の修理・交換8,000円~16,000円
便器のひび割れ修理・交換30,000円~90,000円
トイレタンクのひび割れ修理・交換45,000円~80,000円

トイレの水漏れ修理では、トイレの部品交換を行うケースが多いです。

交換する部品の種類・数によっては、費用が高額になる可能性があります。

また、壁や床の中にある配管などを修理・交換する場合は、大規模な工事が必要になるケースも少なくありません。

費用が高額になりやすい分、事前に修理費用の見積もりを必ず出してもらいましょう。

修理が終わった後に、追加費用を組み込んでくる業者もいますので、「作業前に見積を提示して承認してから着手する」ことを徹底してください。

事前の見積もり作成に応じてくれない業者は、依頼候補から外した方が良いでしょう。

浴室の水漏れ

浴室の水漏れ修理の費用相場は下記の通りです。

修理・交換内容費用相場
シャワーホースの交換8,000円~40,000円
ゴム栓の交換5,000円前後
バスタブのひび割れ修理80,000円~180,000円
バスタブの交換50,000円~数十万円以上

浴室の水漏れは、シャワーホースやゴム栓、バスタブの経年劣化が要因になることが多いです。

シャワーホース・ゴム栓の交換は比較的容易に行ってもらえますが、バスタブの交換の場合はユニットバス全体の交換・リフォームが必要になる可能性もあります。

大規模なリフォームになると、数十万円以上の費用がかかるケースが多いです。場合によっては、水道修理の専門業者では対処しきれないこともあるので注意が必要です。

賃貸にお住まいの場合でバスタブの交換が必要な場合は、事前にマンションの管理会社・大家さんに相談した方がよいでしょう。

契約内容によっては、修理・交換費用を管理会社・大家さんが負担してくれることもあります。

キッチン・シンク下の水漏れ

キッチン・シンク下の水漏れ修理の費用相場は、使用されている排水管の種類によって異なります。

使用されている排水管(排水ホース)が樹脂製の場合、費用は8,000円~15,000円程で収まるケースが多いでしょう。

使用されている排水管が金属製の場合だと、20,000円~30,000円程の費用相場になります。

また排水口が劣化している場合、たとえ排水ホースに問題がない場合でも排水口と排水ホース全体を取り換える必要があります。

排水口・排水ホース全体を交換する場合、30,000円以上の費用がかかる可能性もあるので注意してください。

給湯器

給湯器の水漏れ修理の費用相場は下記の通りです。

修理・交換内容費用相場
部品交換10,000円~20,000円
給湯器の交換(追い炊き機能なし)50,000円~250,000円
給湯器の交換(追い炊き機能あり)100,000円~300,000円

意外に思われるかもしれませんが、給湯器の故障・劣化によって水漏れが生じるケースも多いです。

給湯器の水漏れを放置してしまうと、給湯器の周辺機器が故障してしまう可能性があります。

また、ガスの不完全燃焼により一酸化炭素が生じることもあるので非常に危険です。給湯器で水漏れが生じている場合は、早急に修理を行う必要があります

給湯器の水漏れは、給湯器内のセンサーやパッキンなどの部品で故障・劣化が生じた際に発生しやすいです。

また、給湯器全体が故障しているケースも少なからずあります。

給湯器自体が故障している際は、本体を交換しなければなりません。

本体の交換となると、5万円以上の費用がかかることもあります。

特にオートタイプの給湯器になると、20万円前後の交換費用が生じるケースも少なくありません

トラブルには早めのご相談がおすすめ!トラブルには早めのご相談がおすすめ!

出張料金
お見積り
深夜早朝料金
キャンセル料
00円!
年中無休・24時間
いつでも受付!
最短15分
駆けつけます!
お電話での
お問い合わせ
free dial 0120-043-433

水漏れ修理の前にまずは応急処置 

蛇口やトイレ、キッチン下などで水漏れが生じている際は、まずは応急処置を行いましょう。

応急処置を行わないと水漏れ状態が続いてしまい、水道料金が跳ね上がってしまうので要注意です。

水漏れの応急処置の方法として、下記の2つが挙げられます。

・補修テープを貼る

・止水栓、元栓を閉める

補修テープを貼ることで、水漏れを一時的に止めることが可能です。

また、止水栓・元栓を閉めれば水の流れ自体を止められるので、水漏れも止められます。

ただし、水漏れを根本的に直すためには修理・部品交換が必要ですので、あくまで一時的な処置だと留意しておきましょう。

それでは水漏れの応急処置の内容について詳しく見ていきます。

補修テープを貼る

排水管から水漏れしている際は、水漏れ箇所に補修テープを貼ることで一時的に水漏れを止めることができます。

補修テープはホームセンターやネットショップで500円程で購入可能です。

補修テープの中でも、「防水補修テープ」と「自己融着テープ」は耐水性が強いのでおすすめです。

補習テープを貼る際は、補修箇所の汚れ・ゴミをとってから貼りましょう。

汚れ・ゴミが付いている状態だと補修テープに隙間が生じてしまいます。隙間部分から水が漏れてしまうので、水漏れを止めることができません。

経年劣化が進んでいる排水管だと、汚れ・ゴミが多く付着しているケースが多いので、入念に取ってから補修テープを貼ってください。

止水栓、元栓を閉める

止水栓・元栓を閉めることで水の流れを止めることができます。

水の流れを止めれば、水漏れも生じません。

止水栓は、水漏れ箇所の排水管・パイプ付近に設置されていることが多いです。

止水栓の開閉方法は下記の通りです。

水漏れ箇所の付近に止水栓が見当たらない場合は、水道の元栓を閉めましょう。

水道の元栓を閉めれば、住宅全体の水を止めることができます。

元栓の場所は、戸建て住宅・マンション(アパート)で異なってきます。

戸建て住宅の場合は、住宅の敷地内に「量水器」「水道メーター」などと記載された青いフタがあり、その中に元栓が設置されています。

駐車場が敷地内にある場合は、駐車場付近に設置されているケースが多いです。

マンション・アパートの場合は、「パイプスペース」という場所に水道の元栓が設置されています。

パイプスペースは、マンション・アパートの玄関横に設置されている扉の中にあります。

マンション・アパートによっては、パイプスペースに鍵がかかっているケースもあるので注意してください。

パイプスペースに鍵がかかっている際は、マンションの管理会社・大家さんに連絡して鍵を開けてもらいましょう。

水漏れ修理で補償は受けられる?

水漏れ修理で費用が発生した際に、補償が受けられるか気になるところでしょう。

結論から述べると、水漏れ修理自体の費用は基本的に自己負担です。

ただし、水漏れの影響で家具の修理・建物の補修が必要になった場合は、火災保険の対象になります。

火災保険と聞くと、火災や自然災害が起きた際に補償を受けるイメージかもしれませんが、実は火災保険の多くが水漏れも補償範囲に含まれています。

水漏れによって家具・建物の補修が必要になった際は、加入している火災保険の補償を確認してみてください。

水道代は減額可能なケースもある

水漏れによって高騰した水道代は、自治体によっては減額できるケースもあります。

故意による水漏れを除いて、地面や壁の中にある水道管が水漏れの原因である場合は水道代を減額してもらえることが多いです。

水道代の減額を請求するためには、修理を依頼した専門業者から「漏水減額請求書」を受け取る必要があります。

漏水減額請求書を管轄の水道局に持っていき、水道代を減額してもらえるか確認を取ってください。

ただし、漏水が原因であっても水道代が0円になることはないので注意しましょう。

あくまでも減額という対応になるため、一定の水道代は支払う必要があります。

水漏れを予防することも大切

水漏れ修理の費用相場は、修理箇所や交換部品などによって様々ですが、費用をかけないためには水漏れをあらかじめ予防することも大切です。

水漏れを予防すれば、修理の頻度を減らすことができます。

経年劣化等でどうしても修理・交換が必要になるケースもありますが、予防策を取るか否かで差が付いてくると考えて良いでしょう。

水漏れを予防する方法として、下記の方法が挙げられます。

  • 蛇口を強く締めすぎない
  • 水道が凍結しないよう対策する

蛇口を強く締めすぎると、パッキンの劣化に繋がりやすいです。

また、水道管が凍結すると、管内の破損に繋がってしまいます。特に寒冷地では水道管の凍結が生じやすいので注意が必要です。

それでは水漏れを予防する方法について詳しく見ていきましょう。

蛇口を強く締めすぎない

蛇口を強く締めすぎないよう注意しましょう。

蛇口を強く締めすぎると、パッキンに圧力がかかり過ぎてしまいます。

強い圧力によって蛇口を開ける際の摩擦が強くなってしまい、パッキンの劣化に繋がってしまうのです。

「蛇口を強く締めないと水漏れするのでは?」と不安な方もいらっしゃると思いますが、強く締めすぎるとかえって逆効果です。

水が止まる状態であれば、強く締めすぎる必要はありません。

水道が凍結しないよう対策する

水道が凍結しないよう対策することも重要になります。

寒冷地では気温低下によって水道管の中にある水が凍結しやすいです。

水は凍結すると膨張するため、水道管を内側から破損させてしまいます。

近年は平野部でも真冬で零下となる日が見られます。気温が低下する12~2月は特に注意を払った方がよいでしょう。

水道管の凍結を防ぐ方法として、夜間に少しだけ水を流し続ける方法が挙げられます。

水を流し続けることで水流が生まれ、水が特定の箇所で凍ってしまうのを防ぎやすいです。

水漏れ修理は専門業者に依頼するのがおすすめ

水漏れ修理を着実に進めたい際は、専門業者に依頼するのが断然おすすめです。

専門業者に修理を依頼すれば、水漏れ修理を短時間で着実に直してくれます

交換用の部品も業者が準備してくれるので、自分で交換用の部品を購入する必要もありません。

また、専門業者の中には、早朝・夜間の修理に対応しているところもあります。

仕事や家事などで日中に依頼することが難しい場合でも、安心して業者を利用可能です。

ただし、早朝・夜間料金が発生するケースもあるので、事前にどれくらい追加費用が発生するのか確認しておくと良いでしょう。

トラブルには早めのご相談がおすすめ!トラブルには早めのご相談がおすすめ!

出張料金
お見積り
深夜早朝料金
キャンセル料
00円!
年中無休・24時間
いつでも受付!
最短15分
駆けつけます!
お電話での
お問い合わせ
free dial 0120-043-433

水漏れ修理を自力でするか、業者に依頼するかの判断基準 

水漏れ修理を自力で行うか、業者に依頼するかの判断で迷われてしまう方もいらっしゃるでしょう。

自力で修理するか、業者に依頼するかどうかは下記の基準をもとに判断するのがおすすめです。

  • 水漏れ箇所や原因を特定できるかどうか
  • 自分で行えるレベルの修理であるか
  • 工具や部品の準備が容易であるか
  • 修理の緊急性が高くないか

何となくの感覚で修理してしまうと、上手く直せずにかなりの時間を要したり、他の箇所が壊れる可能性もあります

上記の基準をもとにして、自力で修理するか業者に依頼するか判断していきましょう。

それでは各基準の詳細について詳しく解説していきます。

水漏れ箇所や原因を特定できるかどうか

水漏れ箇所や原因を特定できるかどうか確認しましょう。

水漏れ箇所や原因を特定できれば、修理方法や交換部品を把握しやすいです。

反対に、水漏れ箇所・原因が分からない場合は、自力で修理作業するのは難しいです。

下手に蛇口や水道管を分解してしまうと、部品を元に戻せなくなる可能性も出てきます。

外から見て水漏れ箇所・原因が分からない場合は、専門業者に依頼した方が良いでしょう。

自分で行えるレベルの修理であるか

自分で行えるレベルの修理であるかどうかもチェックポイントです。

ゴムパッキンの交換など比較的簡単な作業であれば自力で行っても問題ありませんが、蛇口の交換など複雑な作業が必要な場合は、工具の扱いなどに慣れていないと難しいです。

少しでも「自力で行うのは難しそう」と感じたら無理に自力で作業せず、専門業者に依頼した方が安心です。

工具や部品の準備が容易であるか

工具や部品の準備が容易であるかどうかも要確認です。

水漏れ修理をする際は、修理工具・交換部品の準備が必須になります。

工具はホームセンターなどで購入可能ですが、部品に関してはメーカーに直接問い合わせて購入するケースも出てくるでしょう。

交換部品が届くまで時間を要してしまうケースも少なくありません。

業者に依頼すれば、修理に必要な工具・部品をすべて業者側で揃えてくれます

工具・部品を準備する手間が省けるので、準備が容易でない場合も業者に依頼した方が良いでしょう。

修理の緊急性が高くないか

修理の緊急性が高くないかどうかも判断基準の一つです。

蛇口の水漏れなど緊急性がそこまで高くない水漏れの場合は、自力での対処を選択しても良いでしょう。

一方で、トイレタンクの水漏れなど修理の緊急性が高い修理の場合は、自力で修理・交換を行うよりも業者に依頼した方が安全です。

業者に依頼すれば、基本的に当日中に修理・交換を完了してくれます。作業完了までの見通しも付けやすいので、安心して任せることができるでしょう。

トラブルには早めのご相談がおすすめ!トラブルには早めのご相談がおすすめ!

出張料金
お見積り
深夜早朝料金
キャンセル料
00円!
年中無休・24時間
いつでも受付!
最短15分
駆けつけます!
お電話での
お問い合わせ
free dial 0120-043-433

水漏れ修理を業者に依頼する際のポイント

水漏れ修理を業者に依頼する際は、下記のポイントを押さえましょう。

  • 完全無料で見積りを行ってくれるか
  • 料金体系が明確であるか
  • 水道局指定工事店であるか
  • 口コミ・評判が良いか
  • アフターフォローが充実しているか

各項目に沿って業者を選定していくことで、優良業者を見つけやすくなります。特定の項目だけではなく、全ての項目を総合的にチェックして依頼先の業者を絞っていきましょう。

それでは各チェックポイントについて詳しく解説していきます。

完全無料で見積もりを行ってくれるか

作業する前に、完全無料で見積もりを行ってくれるか確認しましょう。

優良な修理業者であれば、見積もりは無料で行ってくれるケースが多いです。

見積り時の出張費用等も請求されないので、安心して修理の見積もりを依頼できます。

反対に、見積もりが有料であったり出張費用を請求する業者は、優良な業者とはいえません

見積もり後に依頼を見送った場合、高額な出張費用を請求されてしまう可能性もあります。

可能な限り、完全無料で見積もりを行ってくれる業者に依頼した方が安心です。

料金体系が明確であるか

料金体系が明確であるかどうかも、修理業者選びで重要なポイントです。

水漏れの修理・交換箇所ごとに料金体系が明確であれば、費用の見通しを把握しやすくなります。

水漏れ修理の料金表は、業者の公式サイトに掲載されているケースが多いです。

もし、料金表がサイトに掲載されていない場合は、業者に直接問い合わせて確認を行いましょう。

料金体系が明確でない業者は、修理後に追加料金などを請求される可能性が高いです。

中には相場よりも高額な追加費用を請求してくる業者も存在します。

口頭では上手いことを言っている業者でも、明確な料金体系を提示しない業者には依頼を控えた方が良いでしょう。

水道局指定工事店であるか

依頼候補先の業者が「水道局指定工事店」であるかどうかも要確認です。

水道局指定工事店とは、各自治体の水道業者から「給水・排水装置工事を適切に実施できる」と認可された業者になります。

正式名称は「指定給水装置工事事業者(上水道)」「指定排水装置工事事業者」です。

水道局指定工事店として認可されるためには、自治体が設けた基準をクリアしなければなりません。

このため、水道局指定工事店は一定の技術レベル・サービスが担保されていると考えて良いでしょう。

水道局指定工事店であるかどうかは、修理業者の公式サイトで確認できます。

サイト上に「水道局指定工事店」記載があるかチェックしてみてください。

公式サイトがない業者の場合は、問い合わせ時に水道局指定工事店であるか確認を取りましょう。

口コミ・評判が良いか

修理業者の口コミ・評判がよいかどうかも確認しましょう。

口コミ・評判が良い業者であれば、修理の技術レベルや顧客対応などが良い可能性が高いです。

特に評価数が多く、複数のサイトで良い口コミ・評価を集めている場合は、優良業者とみて問題ないでしょう。

反対に悪い口コミ・評判が多い業者は要注意です。

悪い口コミ・評判が多い業者は、何かしら問題がある業者だと考えられます。

悪い口コミ・評判が少数の場合はそこまで気にする必要はありませんが、複数のサイトで悪い口コミ・評判が多い場合は依頼候補から外した方が良いでしょう。

アフターフォローが充実しているか

アフターフォローが充実しているかどうかも要確認です。

水漏れ修理を行ってもらった後に、水漏れトラブルが生じてしまう可能性も少なからずあります。

アフターフォローが充実している業者であれば、修理後に水漏れトラブルが生じた際に無料で対応を行ってくれます。業者の中には、定期的な点検を数年間に渡って行ってくれるケースもあります。

アフターフォローがない業者だと、修理後のトラブル発生時に再度費用がかかってしまいます。悪徳業者の場合、適切な修理・交換を行わない可能性もあるので注意が必要です。

アフターフォローの有無や内容に関しては業者によって様々です。アフターフォローがどれくらい充実しているか、事前に確認しておきましょう。

まとめ

水漏れ修理の費用相場は、修理内容・交換部品によって異なります。

ゴムパッキンの交換など簡単な作業であれば10,000円以内で済みますが、蛇口交換・排水管の交換などになると20,000円を超えるケースも少なくありません。

費用相場が高い修理を依頼する際は、必ず見積もりを出してもらって事前に金額を確認しましょう。

費用相場よりも大幅に高い見積もりを出された際は、別の業者に依頼した方が無難です。

また、専門業者を選ぶ際は、本記事で解説した内容を参考にして依頼候補を絞ってみてください。

何となく業者を選んでしまうと、サービスの質が悪かったり対応スピードが遅い可能性もあります。出張費の有無なども費用総額に関わってきますので忘れずに確認しましょう。

本記事の内容を参考にして頂き、水漏れ修理の費用相場について理解を深めて頂けますと幸いです。

水回りのトラブルは、クジラのマークの水道屋さんに依頼しよう!

トイレ、お風呂、キッチン、洗面所、水回りのトラブル解決は、ぜひ「クジラのマークの水道屋さん」にご依頼ください!

クジラのマークの水道屋さんは、大阪府全域を対象にした地域密着型の水道屋さんです。「早い・安い・トラブルなし」をモットーに日々、質の高いサービスを提供しています。

おすすめポイント1:スピード

ご相談から最短15分でご自宅へうかがいます。「水が使えなくて困る」「大量に水があふれている」。生活に密着したところで起きる水のトラブルは、とにかく早く解決したいもの。

クジラのマークの水道屋さんなら、GPSを使った独自の手配システムでご自宅に急行します。

おすすめポイント2:わかりやすい価格

料金は、作業に必要な費用のみ!
基本料金、出張料金、お見積り費用、キャンセル料、時間外料金など作業以外にかかる費用が気になる方もいらっしゃいますよね。クジラのマークの水道屋さんならそれらはすべて無料

作業前に必ずお見積もりをご提示いたします。気になる点や不明点がある場合は、遠慮なくご質問ください。

おすすめポイント3:高い技術力

高い技術力を持ったスタッフが丁寧にトラブル対応にあたります。

10年以上、数々の水のトラブルを解決してきた経験豊富なスタッフが多数在籍しているクジラのマークの水道屋さん。ベテランスタッフも定期的な研修で技術を磨いています。

おすすめポイント4:安心の保障サービス

最大10年の無料長期保証で、万が一のトラブルに備えています。

クジラのマークの水道屋さんが何よりも大事にしていることは「お客様に安心していただくこと」。最大10年続く「安心」をぜひご利用ください。

おすすめポイント5:地域の水道工事指定業者に認定

クジラのマークの水道屋さんは、自治体の水道局から「水道工事指定業者」として認定された工事店です。

大阪府の全域で認可を取得しています。適切な工事ができると認められた工事店ですので、安心してご利用ください。

おすすめポイント6:豊富な実績と高い評価

2021年度は、大阪府全域で2万件以上にのぼるトラブルに対応しました。

お客様アンケートでは、顧客満足度99%と高い評価を得ています。また、価格面でも98.4%のお客様に満足していただいています。

おすすめポイント7:選べる支払い方法

現金以外の支払い方法にも対応しているので、急なトラブルで現金の準備が間に合わないというときでも安心です。

現金のほか、クレジットカード(VASA、AMERICAN EXPRESS、Mastercard)、電子マネー(PayPay)、銀行振込、後日の集金の中からお支払い方法をお選びいただけます。

トラブルには早めのご相談がおすすめ!トラブルには早めのご相談がおすすめ!

出張料金
お見積り
深夜早朝料金
キャンセル料
00円!
年中無休・24時間
いつでも受付!
最短15分
駆けつけます!
お電話での
お問い合わせ
free dial 0120-043-433

トラブルには早めのご相談がおすすめ!トラブルには早めのご相談がおすすめ!

出張料金
お見積り
深夜早朝料金
キャンセル料
00円!
年中無休・24時間
いつでも受付!
最短15分
駆けつけます!
お電話での
お問い合わせ
free dial 0120-043-433
通話料無料!最短15分で到着! 水のトラブルに悩んだらすぐお電話を! free dial 0120-043-433