page top
  1. ホーム
  2. サービス・価格
  3. トイレのトラブル
  4. トイレに関するお役立ちコラム
  5. トイレ詰まりはハンガーで直す手順を解説!家にあるモノで簡単に解消できる方法

トイレ詰まりはハンガーで直す手順を解説!家にあるモノで簡単に解消できる方法

トイレ 公開日:2023.4.14  最終更新日:2023.4.17

トイレ詰まりが起きたら、すぐにでも直したいですね。

自宅にあるものでトイレ詰まりを解消する方法はいくつかありますが、身近なもので対処できないか考える方も多いでしょう。

そこで今回紹介するのが、「針金ハンガーを使って詰まりを解消する方法」です。

ハンガーを使ってトイレ詰まりを直すときは使い方をしっかりと理解しておかなければ、別の症状を引き起こす可能性があるので気をつけなければなりません。

「針金ハンガーでどうやって詰まりを直すの?」
「どうやって使うの? 何に注意するの?」

このように疑問を持った方は、ぜひご覧ください。

トラブルには早めのご相談がおすすめ!トラブルには早めのご相談がおすすめ!

出張料金
お見積り
深夜早朝料金
キャンセル料
00円!
年中無休・24時間
いつでも受付!
最短15分
駆けつけます!
お電話での
お問い合わせ
free dial 0120-043-433

目次

ハンガーでトイレ詰まりは直せる

針金ハンガーを使ってトイレ詰まりを直す方法があります。

これは、トイレ詰まりの解消に使う「ワイヤーブラシの代わり」とイメージして頂けると良いでしょう。

ただし、ハンガーを使って直せる詰まりと直せない詰まりがあります。

ハンガーで直せない詰まりに対してハンガーを使うと、症状がより悪くなることも考えられます。症状が悪化すれば大がかりな修理になりかねません。

ハンガーで直せるものとそうでないものをそれぞれ把握しておきましょう。

ハンガーで直せるトイレ詰まり

ハンガーで直せるトイレ詰まりは、水に溶けるものが詰まっているケースです。トイレットペーパーや排泄物がそれにあたります。

水に溶けるものが詰まるのは、何らかの理由で溶けきらずに固まってしまっている状態だからです。

詰まっている箇所を削るように奥に押し込むと詰まりが直ります。

ハンガーで直せないトイレ詰まり

トイレ詰まりの原因のなかでハンガーで直せないものは、水に溶けないものが詰まっているケースです。

スマホやボールペン、鍵、おもちゃ、おむつなどを誤ってトイレに流してしまったときは、ハンガーでは直せません。

ハンガーでの対処法は「削る」「奥に押し込む」であり「引っ張り出す」のは難しいからです。

手で取り出せる位置にある場合は、ゴム手袋などをして拾い上げてください。手が入らない位置まで入り込んでしまったら、水道修理業者に依頼するのがベストです。

奥に行けば行くほど修理費用がかかるので、自分ではあまり触らずに水道修理業者に相談しましょう。

ハンガーを使ってトイレ詰まりを直す手順

針金ハンガーは加工しやすく、強度もあるためトイレ詰まりを直すための道具になります。

ハンガーを使ってトイレ詰まりを直す方法は、以下の手順です。

  • 作業前に:ハンガーを加工する・止水栓を閉める
  • 手順①ハンガーを排水口に差し込む
  • 手順②詰まりの原因を奥に押し込む
  • 手順③バケツの水を少しずつ流す
  • 手順④トイレレバーを回して水を流す

上記4つのそれぞれの手順と作業前に必要な工程を紹介します。

作業前に:ハンガーを加工する・止水栓を閉める

ハンガーを排水口に差し込む前に、ハンガーの先端を加工しておきます。

加工しないと便器や排水管に損傷を与える可能性があるので、必ず行ってください。

ハンガーを一旦伸ばして、先端に輪を作るだけです。ペンチなどを使うとスムーズに行えます。

また、止水栓を閉めてから作業を開始しましょう。止水栓が開いたままだと、作業中に誤って水が流れてしまうかもしれません。

最後に開くときに同じ数だけ回す必要がありますので、止水栓を閉めるときは回した回数を覚えておきましょう。

手順①ハンガーを排水口に差し込む

ハンガーの先端の輪を排水管に差し込みます。

詰まりの原因を探しながら、上下左右に小さく動かしましょう。

奥に進んで行くと途中で進めなくなりますが、そこが詰まっている箇所ですので、次の手順に移ります。

もし、ハンガーが排水管に入らないときは、無理に押し込まずに一度取り出してください。輪の大きさを小さくしてからもう一度差し込みましょう。

手順②詰まりの原因を奥に押し込む

詰まりの原因に届いたら、ハンガーを小刻みに動かします。

強く動かす必要はありません。力任せにするのではなく、優しく動かします。ゆっくりと削り取りながら奥に押し込むイメージでやりましょう。

削られて奥に押し込まれた部分から、水が流れはじめます。

手順③バケツの水を少しずつ流す

便器内の水が流れ始めたら、詰まりが解消したサインなので、ハンガーを引き抜いて取り出します。

このとき、便器や排水管に損傷を与えないよう気をつけてください。

次にバケツで水を便器内に流し込みます。万が一詰まりが直っていなかったときにあふれてしまうので、少しずつ流すようにしましょう。

あふれることなく水が流れればトイレ詰まりが直ったと判断できます。

手順④トイレレバーを回して水を流す

バケツに汲んだ水が普段通り流れる様子を確認できたら、止水栓を開きます。

止水栓を開くときは、閉めたときと同じ回数回しましょう。閉める前と同じ水量になります。

トイレレバーを回して問題なく流れれば、トイレ詰まり解消のための作業は完了です。

ハンガーでトイレ詰まりを治すときの注意点

トイレ詰まりを身近にあるハンガーで直せたら便利ですね。

しかし、ハンガーでトイレ詰まりを直すときは、以下の2点に気をつけなければいけません。

  • ハンガーを力任せに押し込まない
  • 詰まりの症状が軽いうちに対処する

今より症状を悪化させない、別のトラブルを引き起こさないために大切な注意点なので、しっかりと理解してから作業しましょう。

ハンガーを力任せに押し込まない

ハンガーを力任せに押し込むと、便器や排水管を傷つけてしまいます。

針金ハンガーは加工しやすいためトイレ詰まりを直す道具として有効ですが、使い方を間違えると別のトラブルを引き起こす原因となりかねません

先端を丸めて排水口に入れても、途中で形が変わってしまうこともあります。

詰まりを解消する作業にばかり気を取られていると、気づかないうちに便器や排水管が損傷したり、引き抜けなくなるので気をつけましょう。

詰まりの症状が軽いうちに対処する

ハンガーは水に溶けるものが詰まったときには効果が期待できる手段ですが、症状が深刻な場合は必ずしも有効な手段ではありません。

詰まりかけているにもかかわらず、トイレットペーパーなどを流し続けていれば、状態は悪くなる一方です。詰まりが悪化して取り除く作業が難しくなってからでは手遅れです。

できるだけ症状が軽いうちに対処しておきましょう。もし、自分で作業するのが無理だと思ったら水道業者に相談することをおすすめします。

トラブルには早めのご相談がおすすめ!トラブルには早めのご相談がおすすめ!

出張料金
お見積り
深夜早朝料金
キャンセル料
00円!
年中無休・24時間
いつでも受付!
最短15分
駆けつけます!
お電話での
お問い合わせ
free dial 0120-043-433

ハンガー以外の自宅にあるモノでできる対処法

ハンガーではトイレ詰まりが直らない場合もあります。そのようなときは、別の方法も試してみましょう。

特別な道具を使わずに自宅にあるものでできる方法は、以下の2つです。

  • ペットボトル
  • 重曹とクエン酸

それぞれ解説していきます。

ペットボトル

ペットボトルは、ラバーカップ(スッポン)の代用品として使えます。ペットボトルならどの家庭でも置いていることが多いでしょう。

手順は以下の通りです。

  • 手順①ペットボトルの底を切り取る
  • 手順②便器内の水量を調整する
  • 手順③ペットボトルで詰まりを解消する
  • 手順④詰まりの解消を確認

用意するものは、500mlのペットボトルと加工するためのはさみやカッターだけです。

ここからそれぞれの手順を解説します。ラバーカップと同じように詰まっているものを引っ張るイメージで行ってください

手順①ペットボトルの底を切り取る

事前準備として、ペットボトルを加工します。ふたは外しておきましょう。

ペットボトルの底1〜3cmほどのところを、はさみやカッターを使って切り取ります。

切り取った側がラバーカップのゴム部分にあたります。

手順②便器内の水量を調整する

便器内の水量を通常と同じくらいの量にしておきます。

水位が上がっている場合には、灯油ポンプや容器などを使って水を減らします。普段よりも水位が下がっている場合は、バケツで水を足しておきましょう。

水量が多くても少なくても、ペットボトルでの作業が難しくなります。効果を高めるためにも、水量を通常と同じくらいにしておきましょう。

手順③ペットボトルで詰まりを解消する

つづいて、ペットボトルを使った作業です。

ふた部分を指や手のひらで押さえながら、ペットボトルを排水口に差し込みます。真空状態を作りたいので、ふた部分をしっかりとふさいでください。

ペットボトルを押し込んで引っ張る動作を数回行います。詰まっているものが動いて、ほぐれます。ボコボコと音がして水が引いたら、詰まりが解消したサインです。

手順④詰まりの解消を確認

詰まりの解消のサインが出たら、便器にバケツで水を注ぎます。一気に水を流したり、レバーを回して水を流したりしないようにしましょう。

万が一詰まりが直っていなかった場合、水があふれる恐れがあります。

バケツで流した水の流れに問題なければ、トイレレバーを回します。正常に流れれば、作業は完了です。

重曹とクエン酸

つづいては、重曹とクエン酸を使って、詰まっているものを溶かしてトイレ詰まりを直す方法です。

重曹とクエン酸は、掃除道具として常備しているご家庭もいらっしゃるでしょう。

しつこい汚れに効果がある重曹とクエン酸は、トイレットペーパーや排泄物などに有効です。

作業は以下の手順で行います。

  • 手順①重曹とクエン酸を排水口めがけて入れる
  • 手順②ぬるま湯を入れて放置
  • 手順③水を流して詰まり解消を確認

準備するものは、重曹50ml、クエン酸100ml、ぬるま湯です。作業は難しいものではありません。それでは、手順をそれぞれ解説します。

手順①重曹とクエン酸を排水口めがけて入れる

最初に重曹50mlを排水口部分に入れます。そのあと、クエン酸(お酢でも可)100mlを入れてください。

「重曹→クエン酸」の順番は必ず守りましょう。順番が逆だと効果が薄れてしまいます。重曹とクエン酸を入れると、シュワシュワと炭酸ガスが発生します。

発生する炭酸ガスは、人体に影響を及ぼすものではありませんが、窓を開けたり、換気扇を回したりして換気しながら作業してください。

手順②ぬるま湯を入れて放置

炭酸ガスが確認できたら、40℃くらいのぬるま湯を便器に注ぎます。量は便器の半分くらいです。

そのあとはトイレ詰まりの原因が溶けるのを待ちます。時間は1時間程度です。

便器に熱湯は注がないでください。便器は陶器でできていますが、熱湯を注ぐ前提で作られていません。

熱湯を注ぐと便器が割れる原因となります。

手順③水を流して詰まりの解消を確認

1時間ほど経過したら、詰まりが直っているか確認します。便器内の水が減っていたら、詰まりが解消したサインです。

バケツに汲んだ水を便器に注いでスムーズに流れるか確認して、水の流れに問題がなければ、レバーを回して水を流しましょう。

直らないトイレ詰まりは水道修理業者に依頼する

ハンガーやペットボトル、重曹などを使ってもトイレ詰まりが直らないときは、水道修理業者に依頼しましょう。

頑固なトイレ詰まりは自分で対処するのは難しいうえに、無理にやりすぎると症状が悪化したり別のトラブルを引き起こしかねません

また、トイレットペーパーが詰まっていると思っていたら、実は違うものだったというケースも考えられます。

水道修理業者であれば、幅広いトラブルに対応してもらえます。自分での対処が難しいと判断したら、プロの業者に依頼しましょう。

水道修理業者にトイレ詰まりを依頼したときの費用相場

トイレ詰まりを水道修理業者に依頼したときにかかる費用相場は、8,000円~ほどです。

トイレ詰まりの原因や詰まり具合、必要な道具などで費用は異なります。例えば、高圧洗浄機を使用する場合は2〜5万円、便器の脱着が必要であれば3〜5万円が相場になります。

大がかりな修理になればなるほど、費用は高くなります。トイレ詰まりの修理にかかる費用をできるだけ抑えるために、症状が軽いうちに水道修理業者に依頼しましょう。

水道修理業者の選び方

工事トラブルに巻き込まれないために、水道修理業者は慎重に選びましょう。

困っている人の心理につけこむ悪徳業者もいるので注意が必要です。

工事後に高額な料金を請求される、ずさんな工事で詰まりが解消しないなど、トラブルに巻き込まれないために、以下の4つに注意して水道修理業者を選んでください。

  1. 水道局指定工事店から選ぶ
  2. 実績豊富で口コミが良好な業者を選ぶ
  3. 対応のいい業者を選ぶ
  4. 事前に見積書の提示がある業者を選ぶ

上記は悪徳業者を避けて、安心して依頼できる水道業者を選ぶためのポイントです。

それぞれ詳しく解説していきます。

水道局指定工事店から選ぶ

水道局指定工事店は、各自治体の水道局から給水や排水の工事を任せても問題ないと認められた工事店を指します。

軽度なトイレのつまりなら、非指定工事店でも対応はしてもらえます。しかし、排水管にまで及ぶ工事はできません。

重度の詰まりや、思わぬ箇所が詰まりの原因だった場合も想定して、水道局指定工事店から業者を選ぶことをおすすめします。

実績豊富で口コミが良好な業者を選ぶ

実績豊富な業者は、多様なトラブルに対処しています。

経験がある業者は、安定した技術力や対応力が備わっているといってもいいでしょう。

水道業者のホームページやSNSなどで、実績件数や実際に利用した人の声などの口コミをチェックしておきましょう。

悪い評判が無いか確認しておくと安心です。

対応のいい業者を選ぶ

気持ちのいい取引をするためには、業者の対応が重要です。

挨拶や身だしなみ、コミュニケーションスキルに問題がない業者を選びたいですよね。

きちんとした会社であれば、挨拶はもちろん、身だしなみや話し方などは、社内教育がされています。もし対応が悪い業者だった場合、社内教育の環境が整っていない業者と判断できます。

問い合わせの際に、電話対応したスタッフが親切な対応をしてくれるのかを1つの基準にしても良いでしょう。

事前に見積書の提示がある業者を選ぶ

作業前に見積書をしっかりと提示したうえで、料金の説明がある業者を選びましょう。

残念なことに、金額や内容に納得していない状況で、勝手に作業を進める悪徳業者がいます。

問い合わせた際に、「事前に見積を提示してくれるのか」を確認しておくといいでしょう。不正の牽制にもなりますのでおすすめです。

また、見積書の内容には、素人ではわからない項目もあるでしょう。そのような場合は、納得できるまで説明してもらう必要があります。

作業前に見積書を提示してくれて、作業内容に納得するまでちゃんと説明してくれるのかが、業者選びで大事なポイントになります。

トラブルには早めのご相談がおすすめ!トラブルには早めのご相談がおすすめ!

出張料金
お見積り
深夜早朝料金
キャンセル料
00円!
年中無休・24時間
いつでも受付!
最短15分
駆けつけます!
お電話での
お問い合わせ
free dial 0120-043-433

トイレ詰まりの予防方法

トイレ詰まりを起こさないために、日頃から予防を心がけてください。すぐに取り組める予防策は以下の5つです。

  • トイレ詰まりのサインがあれば早めに対処する
  • 一度に多くのものを流さない
  • 過度な節水対策をしない
  • トイレレバーを適切に使い分ける
  • トイレットペーパーと排泄物以外のものを極力流さない

トイレ詰まりのサインにに気づいたら早めに対処しておくこと、正しい使い方をすることが詰まりの予防になります。

それぞれ解説しますので、予防策として取り入れてみてください。

トイレ詰まりのサインがあれば早めに対処する

トイレ詰まりは突然起きる場合もありますが、何かしらのサインを発信していることもあります。

例えば、水を流したときに「ゴボゴボ」と音がする、いつもより水位が高いなどは詰まりの前兆です。

水を流したときに異音がするときは、排水管のどこかで詰まりかけているサインだと思ってください。

また、水位が高くなっても少しずつ水が流れれば、まだ水の流れる隙間がある状態で完全には詰まっていません。

しかし、その状態を放置すれば、いずれは完全に詰まってしまい水が流れなくなります。

サインに気づいたときは、できるだけ早めに対処しておきましょう。

一度に多くのものを流さない

トイレ詰まりの原因の多くは、トイレットペーパーの詰まりです。

一度にトイレットペーパーをたくさん流したときや、流れきれなかったトイレットペーパーが積み重なって詰まります。量が多いときは、2度に分けて流すようにしてください

1回の洗浄で流せるトイレットペーパーの量については、取扱説明書に記載がありますので、確認しましょう。

トイレットペーパーの種類にもよりますが、大洗浄で5〜10m、小洗浄で1.5〜3m程度です。

メーカー1回の洗浄で流せるトイレットペーパーの長さ
TOTO大洗浄の場合:シングル10m、ダブル5m
小洗浄の場合:シングル3m、ダブル1.5m
LIXIL大洗浄の場合:5m
Panasonic小洗浄の場合:3m(ダブル)
ジャニス大洗浄の場合:5m

過度な節水対策をしない

節約や節水のために、トイレタンク内にペットボトルを入れている家庭もありますが、この対策はおすすめできません。

便器内に流れる水量は、トイレタンク内の水の量で決まります。

トイレットペーパーや排泄物を流すためには、ある程度の水量と水圧が必要です。トイレタンク内に十分な水がなければ、流れたように見えても正常に流しきれないのです。

水量が少なく水の流れが弱いと、排水管の奥にトイレットペーパーや排泄物が蓄積され続けてしまいます

過度な節約、節水対策は控えましょう。

トイレレバーを適切に使い分ける

トイレレバーの「大」「小」は適切に使い分けましょう。毎回「小」で流せば節水になりますが、必要な量の水が流れません。

先ほどの節水対策と同様、「小」だけで流し続けると、便器内がきれいになっても排水管内に流したものがとどまる可能性があります。

「大」「小」の水量は、トイレメーカーによって必要量が計算されています。節水や節約でやっていることが、トイレ詰まりを引き起こす原因となるのは残念ですよね。

トイレレバーは「大」「小」きちんと使い分けて、トイレ詰まりを予防しましょう。

トイレットペーパーと排泄物以外は流さない

基本的にトイレに流してもいいものは、トイレットペーパーと排泄物です。

トイレ詰まりを起こさないためには、固形物はもちろん、それ以外のものは極力流さないほうが良いでしょう。

流れるお掃除シートや流せるペットのトイレ砂などの商品がありますが、水に溶けるのに時間がかかり、完全に溶けるわけではありません

トイレに流せないわけではありませんが、トイレ詰まりを起こさないためには流さないほうが安心です。

水に溶けにくいものが積み重なると、水の流れが悪くなり最終的には詰まりにつながってしまいます。

まとめ

トイレ詰まりをハンガーで直す方法をお伝えしました。

針金ハンガーは加工しやすく強度もあるため、トイレ詰まりを直す方法としては有効です。

しかし、トイレ詰まりの原因が水に溶けるものである場合しか効果がありません。

トイレ詰まりの原因が固形物など水に溶けないものであるとき、何が詰まっているかわからないときは、ハンガーでの対処は控えてください。

水に溶けるもの以外が詰まった場合や原因がわからい場合、自分で対処でいない場合は、水道修理業者に相談しましょう。原因の特定から修理まで、迅速丁寧に対応してもらえます。

水回りのトラブルは、クジラのマークの水道屋さんに依頼しよう!

トイレ、お風呂、キッチン、洗面所、水回りのトラブル解決は、ぜひ「クジラのマークの水道屋さん」にご依頼ください!

クジラのマークの水道屋さんは、大阪府全域を対象にした地域密着型の水道屋さんです。「早い・安い・トラブルなし」をモットーに日々、質の高いサービスを提供しています。

おすすめポイント1:スピード

ご相談から最短15分でご自宅へうかがいます。「水が使えなくて困る」「大量に水があふれている」。生活に密着したところで起きる水のトラブルは、とにかく早く解決したいもの。

クジラのマークの水道屋さんなら、GPSを使った独自の手配システムでご自宅に急行します。

おすすめポイント2:わかりやすい価格

料金は、作業に必要な費用のみ!
基本料金、出張料金、お見積り費用、キャンセル料、時間外料金など作業以外にかかる費用が気になる方もいらっしゃいますよね。クジラのマークの水道屋さんならそれらはすべて無料

作業前に必ずお見積もりをご提示いたします。気になる点や不明点がある場合は、遠慮なくご質問ください。

おすすめポイント3:高い技術力

高い技術力を持ったスタッフが丁寧にトラブル対応にあたります。

10年以上、数々の水のトラブルを解決してきた経験豊富なスタッフが多数在籍しているクジラのマークの水道屋さん。ベテランスタッフも定期的な研修で技術を磨いています。

おすすめポイント4:安心の保障サービス

最大10年の無料長期保証で、万が一のトラブルに備えています。

クジラのマークの水道屋さんが何よりも大事にしていることは「お客様に安心していただくこと」。最大10年続く「安心」をぜひご利用ください。

おすすめポイント5:地域の水道工事指定業者に認定

クジラのマークの水道屋さんは、自治体の水道局から「水道工事指定業者」として認定された工事店です。

大阪府の全域で認可を取得しています。適切な工事ができると認められた工事店ですので、安心してご利用ください。

おすすめポイント6:豊富な実績と高い評価

2021年度は、大阪府全域で2万件以上にのぼるトラブルに対応しました。

お客様アンケートでは、顧客満足度99%と高い評価を得ています。また、価格面でも98.4%のお客様に満足していただいています。

おすすめポイント7:選べる支払い方法

現金以外の支払い方法にも対応しているので、急なトラブルで現金の準備が間に合わないというときでも安心です。

現金のほか、クレジットカード(VASA、AMERICAN EXPRESS、Mastercard)、電子マネー(PayPay)、銀行振込、後日の集金の中からお支払い方法をお選びいただけます。

トラブルには早めのご相談がおすすめ!トラブルには早めのご相談がおすすめ!

出張料金
お見積り
深夜早朝料金
キャンセル料
00円!
年中無休・24時間
いつでも受付!
最短15分
駆けつけます!
お電話での
お問い合わせ
free dial 0120-043-433

トラブルには早めのご相談がおすすめ!トラブルには早めのご相談がおすすめ!

出張料金
お見積り
深夜早朝料金
キャンセル料
00円!
年中無休・24時間
いつでも受付!
最短15分
駆けつけます!
お電話での
お問い合わせ
free dial 0120-043-433
通話料無料!最短15分で到着! 水のトラブルに悩んだらすぐお電話を! free dial 0120-043-433